iro-iro solo exhibition at Calm and Punk Gallery

 

 2年前に初めての個展「I'm Pink and Blue for You」を開催した時は、私のバックボーンである韓国、日本、アメリカの国旗の色を使って、自分は誰なのかということを表現しようとしていました。その時は赤、白、青をミックスして自分が表現したいピンクと水色を作り上げていました。自分の中にあるいろいろな国の文化に折り合いをつけること、カラーパレットに制限があることにとても苦しんでいました。ですから、ドローイングにも何か悲しみのようなものが含まれていたように思います。でも、実はそれは新しい自分の始まりだったようです。自分の本当の色と新しい自分を、一度ゼロに戻して、私は創り始めたのです。個展会期終了後には、多くの色を使うことをやめて、限られたカラーパレットを使うようになりました。スケッチブックはすぐに黒とピンクだけで埋まるようになりました。今回の展示について考えるようになると、もう少し他の色も加えるようになりました。紙の切れ端にもドローイングしたり、自分の失敗を上書きしたりするようにもなりました。私自身をどう表現したいのかをもっと楽に考えられるようになりました。今までの色を忘れ、一からやり直し、徐々に、意図的に新しい色を作り出していきました。「いろいろ」という日本語が好きです。この言葉には「様々な」、「異なる」という意味だけではなく「全部」という意味まであるんです。ですから、いろいろあった私の人生が創ってきた色を説明する言葉遊びとしても気に入ってます。私の「全部」を見せるという意味にもなります。自分の色を見つけ出すまでにいろいろなことが起きたので、今回の展示名は「iro-iro」がぴったりだと思いました。

Two years ago when I had my first solo show “I’m pink and blue for you” I was trying my best to express who Iwas through using the colors of the flags of the cultures that a re a part of me: Korea, Japan and the U.S. I usedthe red,white and blue to make my own mix of colors of pink and blue. At that time I felt very weighed down bythe having to combine so many different cultures in my life and limited by this color palette and there was kindof a sadness in my drawings. But actually it was kind of the be ginning of a new me though. It was the start of mefinding my essential colors and starting over to create a new me.After that show I stopped using so many colors and started over with a very limited color palette. I fillesketchbooks with just black and shades of pink. Lately, really recently as I started to think about this show I began to add a few colors. I also let myself draw on scraps of papers and paint over my mistakes. I started to feel more free about how I want to express myself. I think it is because I got rid of all my colors and started over and added new colors slowly and deliberately. I also love Japanese words like iro-iro. It can mean various, d ifferent but also everything! So I love the play on words of talking about the color that I added into my life and also that it can mean everything. So many things happened as I tried to find my colors, so yes, iro-iro is the name of my show.